悪玉コレステロールを減らすには【きなり】

総コレステロール量が多い時には、【きなり】肝臓で合成される量が減り、血液中の総コレステロール値が高くならないように調整されるしくみになっています。私たちのからだはカシコイですね!

 

LDLコレステロールの高い方は脂肪を多く含む【きなり】食品に注意が必要ですが、脂肪の中でも飽和脂肪酸を多く含む肉の食べすぎに気をつけることが大切です。

 

コレステロールは【きなり】細胞膜の成分として、あるいはステロイドホルモン、性ホルモン、胆汁酸、ビタミンDの材料として生命維持に重要な役割を果たしています。

 

コレステロールには善玉といわれる【きなり】HDLコレステロールと、悪玉といわれるLDLコレステロールがあります。

 

一般的には鶏卵は1日1個程度にして、肉類や魚卵類などを食べる際には、1/2個程度に減らせば問題ないとされています。

 

さらに、これらの食品には【きなり】コレステロールを上昇させる飽和脂肪酸はあまり含まれていませんし、元々、毎日大量に食べる食品でもありません。